歯医者の内覧会に参加して情報を集めて知識をつける

dentists

治療費を軽減

医療費控除について知っておこう

これから矯正歯科治療を受けるのであれば、医療費控除制度について理解しておく必要があります。医療費控除とは、1年間の医療費が10万円を超えた場合に、確定申告によって治療費の一部を還付してもらうことができる制度です。矯正歯科治療は多額の治療費が必要となりますが、この医療費控除制度を利用することによって、治療費負担を和らげることができるようになります。ただし、矯正歯科の治療で医療費控除の対象となるのは、咀嚼障害や噛み合わせの改善の必要があるとドクターに判断された場合に限ります。美容目的の歯列矯正は医療費控除の対象とならないため、まずはドクターに診断してもらって、自分の治療が医療費控除の対象となるのかチェックしてみましょう。

実際の治療費はいくら

矯正歯科の治療は保険が適用されない自由診療であるため、治療費は矯正歯科医院ごとに異なります。大人の矯正治療であれば、一般的に70万円〜100万円ほどの治療費が必要になると言われていますが、治療方法や歯科医院によって具体的な金額は異なってきます。また、個人個人の歯の状態によって受けられる治療と受けられない治療があるため、まずはいくつかの矯正歯科医院を受診してみて、見積もりを提示してもらうことをオススメします。あまりに安い治療費を設定している場合、歯科医院の設備が十分でない場合もあるので、注意が必要です。ホームページなどを確認して、治療に十分な設備と環境が整っているかを事前にチェックしておくようにしましょう。